HOME>特集>肌の保湿がどれだけ大事になるのかをスキンケアで知ろう

天然とヒト型がある

化粧品

セラミド化粧品をおすすめするのは、アンチエイジングを意識するようになる30代半ばからの女性です。50歳以上の年齢肌ではセラミドも10代の半分ほどまで減少するため、乾燥や乾燥が原因となるシワなど、老化現象が現れることがネックです。おすすめできる化粧品の種類としては、2種類があります。1つは、動物から抽出する天然セラミド出、肌への浸透性が高いのが特徴です。2つ目は、ヒト型セラミドで、天然セラミドには若干劣るものの、価格も割安感があり、肌に似せているために馴染みがよいのも特徴です。

肌質に適した種類

化粧品

表皮の角質層に存在するのが細胞間脂質で、いわゆるセラミドとも呼ばれていますが、美意識の高い女性ならば知っている保湿成分でしょう。役割となるのは、水分を蓄える保湿性ですが、同時にバリア機能も発揮するので外的刺激からも肌を守ってくれます。乾燥肌や敏感肌の女性におすすめされるセラミド配合の化粧品、その種類としては機能性でも選ばれています。例えば、摩擦や紫外線などから肌を守るバリア機能のある化粧品ですが、これにはシワを軽減できる機能も付帯されています。さらにターンオーバーの促進にも繋がるセラミドパワーにより、アトピー性皮膚炎などになりにくい健康肌になるとも言われています。

広告募集中